引越しまえにやること-荷物の整理(持って行く物・不用品)-

引越しまえにやること-荷物の整理(持って行く物・不用品)-

引越しプランと引越す日が決まったら、余裕を持って引越すためにも「荷物の整理」をして行きましょう。

家の中には、全く使ってない物、全く着なくなった洋服などなど色々な物があります。

まだまだ引越しの日は先だしと荷物の整理をしていないと、直前になって慌てる」という事になってしまいます!

引越しの日が決まったら、早めに荷物の整理をはじめましょう。


引越しの時に持って行く物・不用品を確認

荷物の整理

引越しは荷物の整理をするチャンス!でもあります。

ついつい処分できずに仕舞ってある衣類や本、古くなった家電製品など、気が付くと荷物は家の中に増えている物です。

膨大な量になりがちなそれらの処分は、意外と手間が掛かる事を憶えておきましょう。

引越しの時に持って行く物・不用品を確認して、処分する方法も決めましょう。


着なくなった衣類など

着なくなった衣類は、知り合いに欲しいという方がいれば譲るという事も出来ますが、リサイクルショップへ持って行って買った貰うなども出来ます。

それでも貰い手の無い衣類は捨てる事になるのですが、意外と処分するとなると踏ん切りがつかなかったりします。

※何シーズンも着ていない衣類はもう着る事も無いとも言われています!

何シーズンも着ていない衣類は(大切なな衣類以外)、思い切って処分しましょう!

このように衣類を整理して、早めに処分する衣類を片付けて行きましょう。


古くなった家電製品や持って行かない家具類

じつはこれが一番ややこしいのです。

家電リサイクル法によって処分する電化製品によっては処分するのに費用が掛かります。

※テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機など。

引越しに持って行く家財道具や電化製品、新しく購入する家財道具や電化製品の配置を考えて行くと、必要な物不必要な物も把握出来ます。

特に古くなった家電製品は電気代も掛かるなどで、引越しの時に買い替えることが多いので、処分方法を考えておく必要があります。

普通時の買い替えでしたら、搬入時に古い家電製品を電気屋さんが持ち帰ってくれるというサービスもあるのですが、引越しの時は「そこに古い家電製品が無い所」に搬入となるので、そのサービスは受けられないと考えておきましょう。

ただし、電気屋さんとの交渉によっては可能かもしれませんので確認してみましょう。

引越し業者のオプションでの不用品の処分という方法もあります。


持って行かない家具や小物、生活雑貨

家具や小物、生活雑貨などもリサイクルショップでの処分やフリーマーケット、友人に譲るなどを前もって準備、問い合わせて確認しておきましょう。

粗大ゴミとして処分する場合は、はやり料金が掛かります。

住んでいる地方によっては、公的処分場に持ち込むと格安で処分できる場合もありますので、早めに確認しておきましょう。(もちろん持って行く方法も)

家の前に「不用品、必要な方はお持ち帰り下さい」などと分かるようにして置いておくという方法もあります。

意外と植木鉢や置物、整理棚など、持ち帰ってくれる方もいたりしますよ。


引越しに持って行くののを決め、処分する物とを整理して、処分する物は早めに処分するようにしましょう。


【この記事のURL】http://xn--28jh6czf9a7860dv77c.net/before/hikkosi-5.html

【提携】ズバット引越し比較の引越しの一括見積もりフォーム!!

ズバットなら50%最大割引


【提携】アート引越センターの公式サイトでの引越し見積もりは↓

f9745390a6ec.gif