賃貸住宅の退去前の掃除-引越しまえにやること-

賃貸住宅の退去前の掃除-引越しまえにやること-

賃貸のアパートやマンションから引越す時には「退去前の掃除」をしますが、これは引越し荷物を全て運びだしてから「退去前の確認」を管理人やオーナーにしてもらう為にも必要な事です。

「引越し前にゴミを残しておかない」これは当然の事なのですが、家具や電化製品を運び出して気が付くのは「意外な部屋の広さ」と「部屋の汚れ」です。

タンスや冷蔵庫があった場所と他との壁や床、畳の色などかなり違っています。

ゴミさえ運び出せば掃除もしやすく、掃き掃除と拭き掃除でかなりきれいになります。

賃貸住宅の退去前の掃除はどこまでするのか

賃貸住宅の退去前の掃除

「引越し前にゴミを残しておかない、掃除をしてから引越す」これは当然の事なのですが、賃貸のアパートやマンションに入居する時には敷金を納めている場合がほとんどです。

入居時の賃貸契約書の中には退去時の敷金の返金割合や返金額が記入されている場合もありますが、それでも満額または記載されている返金額が全て返ってくるとは限りません。

引越す前に部屋の状態を「退去前の確認」として管理人やオーナーにしてもらいそこで返金額が決まる事もあります。

【敷金とは】賃貸のアパートやマンションに入居する時に、家賃が滞納されたときなど家賃が支払われない時のために部屋の借主が貸主に対してあらかじめ「預けておく」お金の事。
また、通常使用以上での消耗が発生している場合の原状回復に必要な費用に備えてあらかじめ「預けておく」お金の事。
退去時には契約書にそって返還されます。

管理人やオーナーも部屋が綺麗に掃除されているのと掃除されていないのとでは印象がかなり違います。

特に「キッチン周りの油汚れ」や「ガスコンロと置き場の油汚れ」「換気扇の油汚れ」「風呂の水垢、カビ」「トイレの汚れ」「洗面台の水垢、カビ」などきちんと掃除してあれば、多少くたびれていても通常使用での損耗とみてくれて返金額が減らないと事もあるそうです。

とはいえ引越すからと慌てて掃除するというより普段からの掃除が大切なのですが。

気を付けておきたいのは「余計な掃除」をしない事です。

油汚れや壁の汚れはひどいとそう簡単には綺麗になりません、変に綺麗にしようとして反対に斑が出来てしまうとかはさけたいですね、それで通常使用での消耗度合いを超えていると判断されるのも嫌ですからね。

「ありのままの・・・・」ではありませんが、適度な拭き掃除と掃き掃除をするだけでもかなり綺麗に見える物です。

どちらにしろ次の方に部屋を貸す時には綺麗にしてからという事になりますが、退去時にはできるだけ綺麗な状態でというのがマナーでもあります。

ただ、引越す前に部屋の状態を「退去前の確認」の前に掃除は済ませておきましょう。


【この記事のURL】http://xn--28jh6czf9a7860dv77c.net/before/hikkosi-53.html

【提携】ズバット引越し比較の引越しの一括見積もりフォーム!!

ズバットなら50%最大割引


【提携】アート引越センターの公式サイトでの引越し見積もりは↓

f9745390a6ec.gif