引越し前にやること-事務手続き・届け出-

引越しまえにやること-事務手続き・届け出-

引越すという事は「住所が変わる」という事ですから、住所が変わった事を様々な所に届け出たりといった事務手続きが必要になってきます。

現在住んでいる住宅が賃貸住宅だったり駐車場などを借りている場合の解約の手続きから転出届けなど、引越すという事は多くの事務手続きが必要になってきます。

hikkoshi15.jpg

引越す為の役場での引越しによる住所変更だけ見ても、住民票から印鑑登録、国民健康保険など結構あります。

また、電話だったりインターネット、郵便局なども引越しの手続きが必要ですし、電気・ガス水道などといった生活に必要な物すべてについても同様です。

また学校などに通われているお子さんがいる場合は、転校の手続きなども必要です。

もちろん地域や学校などのよって変わってきますので、早めの確認をしておきましょう。

また、忘れがちなのが「粗大ごみ」の処分です。

地域の処分場などや、粗大ごみの搬出は、前もっての予約が必要だったり、粗大ごみ回収の日程が決まっていたりという事もあります。

早めに予約などの事務手続きをしておきたいですね。

そして自家用車を引越し先に持って行くなら、出来れば駐車場の契約も引越す前に済ませておき、引越しの日から駐車場を使えるようにしておきたいですね。

下に引越しまえにやること-事務手続き・届け出-のリストを掲載していますのでご参考にして下さい。

引越しまえにやること-事務手続き・届け出-
時期の目安 やること 手続き先(管轄) 必要な物 手続き方法 手続きする人 注意すること
引越し
1ヵ月前
住宅や駐車場の賃貸契約の解約 賃貸契約書記載の通り 賃貸契約書 賃貸契約書記載の通り 契約者本人 届出期間
子供の転校届 現在通っている学校(現在の担任) 地域・学校による 地域・学校による 保護者 学校に要確認
引越し
2~3週間前
固定電話・携帯電話・インターネットの住所変更手続き 契約している電話会社・プロバイダー お客様番号、プロバイダのIDなど NTTの場合は116番、インターネット・ショップなど 名義人 本人確認書類が必要な場合あり
早めの手続きをする!
郵便局への転居届 お近くの郵便局の窓口、
インターネット(e転居)
本人(提出者)の運転免許証、各種健康保険証など 転居届(窓口・郵送)、インターネット 本人(提出者) 転居者の旧住所が確認できる事
不用品処分、大型ゴミ、し尿処理廃止手続き 現在の市区役所・町村役場、
環境事業局など
指定日時に廃棄 電話、インターネット 本人・家族 市区町村によって手続きが異なる、早めの連絡を
引越し
1週間前
転出届の提出(他の市区町村へ引っ越す場合) 現在の市区役所・町村役場 印鑑、身分を証明書 役所にある移転届及び転出証明書に記入 本人・世帯主 転出証明書は再発行されないので注意
印鑑登録の廃止(他の市区町村へ引っ越す場合) 現在の市区役所・町村役場 登録印、印鑑登録証、代理人が手続きする場合は委任状 必要書類を提出 本人・代理人 転出届後、自動的に登録抹消される市区町村もある
国民健康保険の資格喪失手続き(他の市区町村へ引っ越す場合) 現在の市区役所・町村役場 印鑑、被保険者証、身分証明書 必要書類を提出 本人・家族 窓口にて確認
福祉関連手当の消滅手続き(他の市区町村へ引っ越す場合) 現在の市区役所・町村役場 印鑑・転出証明書 必要書類を提出 本人・家族 窓口にて確認
各種住所変更依頼手続き(電気・ガスなど) 現在利用しているサービスの会社など お客様番号、契約書、印鑑・身分証明書など 電話やインターネットなど 本人・家族 会社により異なる


【この記事のURL】http://xn--28jh6czf9a7860dv77c.net/before/hikkosi-6.html

【提携】ズバット引越し比較の引越しの一括見積もりフォーム!!

ズバットなら50%最大割引


【提携】アート引越センターの公式サイトでの引越し見積もりは↓

f9745390a6ec.gif