引越しやることリスト!引越し後にやること

引越しやることリスト!引越し後にやること

引越し後にやることのほとんどは、引越し前にやった「引越すため(転出・転居)の手続き」の反対である「引越してきた(転入・転居)手続き」です。

役場などでの転出届けは転入届や・転居届や加入届などの手続きになります。

しかしまず最初に行いたいのは電気やガス、水道などライフラインといった「生活するため」にやることです。

hikkoshi18.jpg

その他に、引越す前ではなく引越し後に必要な運転免許証や自動車のナンバープレートを変更してもらう手続きなどもあります。

学校に通っているお子さんがいらっしゃる場合は、転校手続きや住所変更の手続きなども必要になります。

また以外にも忘れがちなのが「駐車場の契約」です。

自家用車を所有している場合ですが、違法駐車をするわけにも行きませんし、コインパーキングなどは場所にもよりますが高額になってしまいます。

じつは駐車場の確保は引越し前にやっておくと良いのですが、引越し先が近くなら休日に探すことも出来ますが、そうでない場合は引越し後になってしまいます。

インターネットで前もって駐車場を探して契約しておくことも可能ですので、「引越しやることリスト」に記載していませんが、ご注意ください。

その他にも、引越し後にやることを下記にリストとして表にしていますのでご参考にして下さい。

引越しやることリスト(引越し後)
時期の目安 やること 手続き先(管轄) 必要な物 手続き方法 手続きする人 注意すること
引越し後 転入届の提出(他の市区町村へ引っ越す場合) 転入先の市区役所・町村役場 転出証明書、届け人の印鑑 転入後14日以内に市区町村役場へ届け出 本人・世帯主 代理人が届出をする場合には、委任状が必要
転居届の提出(同じ市区町村へ引っ越す場合) 市区役所・町村役場 本人確認のための証明書、届け人の印鑑 市区町村役場へ届け出 本人・世帯主 代理人が届出をする場合には、委任状と代理人の本人確認のとれるもの
印鑑登録の手続き(他の市区町村へ引っ越す場合) 転居先の市区役所・町村役場 実印登録する印鑑、身分証明書、 転入後14日以内に、市区町村役場へ届け出 本人 代理人が出来るのは文書方式の場合のみなどあるので問い合わせ
国民年金の登録住所変更手続き 転居先の市区役所・町村役場 印鑑、国民年金手帳旧住所地の転出証明書 転入後14日以内に、市区町村役場へ届け出 本人・世帯主
国民健康保険(加入手続き) 転居先の市区役所・町村役場 印鑑、旧住所地の転出証明書、身分証明書、被保険者証※ 市区町村役場へ届け出 本人・世帯主 同一市区町村内での転居の場合は、印鑑と被保険者証
福祉関連手当の認定申請(他の市区町村へ引っ越す場合) 転居先の市区役所・町村役場 受給者のみ 転入後14日以内に、市区町村役場へ届け出 本人・世帯主 市区町村役場へ要確認
運転免許証の登録住所変更手続き 転居先の運転免許試験場、所轄の警察署運転免許窓口 免許証、住民票、印鑑 転入後速やかに運転免許証記載事項変更届出 原則として本人 代理人申請の場合は、問い合わせ。
自家用車の登録住所変更手続き 転居先の陸運局事務所 自動車保管場所証明書、自動車検査証、新住民票、実印、自動車損害賠償責任保険証明書 転入後15日以内に届け出 本人・代理人 代理人の場合は委任状が必要
子供の転入学届(公立校) 教育委員会が定めた指定校 転入学通知書、在学証明書、教科書給付証明書 市区役所・町村役場、教育委員会で書類発行してもらい、指定の学校に提出 保護者 私学・義務教育以外は、それぞれお問い合わせ。
ペットの住所変更手続き(必要な場合) 転居先の市区役所・町村役場、または保健所 印鑑、鑑札、狂犬病予防注射済証 市区町村により異なる 飼い主 ペットの種類によっても異なります。
電気の使用開始手続き 転居先の管轄の電力会社 使用開始は、ブレーカーを上げるだけ。(立会いは不要です) リミッター(ブレーカー)に取り付けのはがき(申込書)に記入し投函 本人・家族 「使用開始の手続き」は通電後で良い。インターネット・固定電話・携帯電話による手続きも可能
転居挨拶状の送付 仕事関係、親戚、知人など はがき等 遅くともひと月以内に郵送 本人・家族 年末の引越しの場合は、年賀状と兼ねても良い


【この記事のURL】http://xn--28jh6czf9a7860dv77c.net/list/hikkosi-13.html

【提携】ズバット引越し比較の引越しの一括見積もりフォーム!!

ズバットなら50%最大割引


【提携】アート引越センターの公式サイトでの引越し見積もりは↓

f9745390a6ec.gif