引越し中にやること-引越す方の引越し先への移動-

引越し中にやること-引越す方の引越し先への移動-

引越し先が遠い場合に忘れがちな事それは「引越し先への移動」とそれに関する事です。

近距離の引越し、例えば同じ市内とか隣の市とか「当日に引越しの荷物の搬出・搬入」が済むような場合はそうでもありませんが、離れた県など遠方への引越しだったり、それほど遠くはなくても引越し荷物の搬入が翌日だったりした場合は忘れてはならない事があります。

そう、「引越しの間の寝泊りはどうするか?」です

家財道具は引越しのトラックの中、引越し先は明日から入居とか、入居できても何もない部屋とかで「どうしよう」とかならないように、引越しが翌日以降に跨る場合は「その間をどうするか」を決めておきましょう。

また、引越し荷物の到着と搬入作業開始の時間は決めているはずなので、それに間に合うようにもしないといけないですね。

引越し先への移動

例えばですが「東京から大阪」への引越しの場合は、引越し荷物を運び出してトラックを見送った後に、本人や家族も引越し先への移動をしないといけません。

で、この時に「その夜どこに泊まるか」を以外のも忘れがちだったりします。

新幹線での移動にしても、大阪に着いてからホテルに泊まる場合は予約を、予約していない場合は探すことになります。

引越し先にそのまま行ってしまう場合は、最低限の寝泊りの準備をしていないとしんどいので、ご注意を。

また、自家用車の場合に深夜に車で移動して翌日引越し先に到着するようなご予定の場合は、余裕を持って安全運転で!


また、もっと離れた県の間での引越しだったり、沖縄や離島への引越しの場合は数日に渡ることもありますから、引越し荷物の到着日まで余裕がある場合は、その間に出来る引越しに伴う役所関連の手続きをやっておくのも良いですね。


親元から進学や就職の為に引越す場合は、前もってベットや布団等は新しく購入して引越し先の部屋に運び込んでおくと良いですね。


【経験談】

家族4人の引越しで、東京から大阪への引越し荷物を運んだ時ですが、朝トラックで引越し先に到着したところご家族で迎えて頂きました。

もちろん引越し荷物は布団も含めてトラックの中。

作業スタッフが到着までお話を伺った所、ホテルに泊まって予定時刻前に現地に到着していたとの事でした。

また、私自身の引越しは夜の間に車で運転して、途中仮眠、その後予定時間に合わせて移動しました。


引越し中にやることで、荷物ではなく引越す方の「引越し先への移動」は実は一番重要な事です。


【この記事のURL】http://xn--28jh6czf9a7860dv77c.net/moving/hikkosi-23.html

【提携】ズバット引越し比較の引越しの一括見積もりフォーム!!

ズバットなら50%最大割引


【提携】アート引越センターの公式サイトでの引越し見積もりは↓

f9745390a6ec.gif