引越し手続き-電気の使用停止・使用開始-

引越し手続き-電気の使用停止・使用開始-

引越してまず最初にする事ってなんだと思いますか?

じつはたいていの場合「(部屋の)電気を点ける」事なんです。

一軒家でもマンションでもアパートでも玄関から入ってすぐに部屋の電気を点けますよね、そう引越してからの生活は「電気を点けてからが始まる」と言っても過言じゃないくらいですね。

が、電気を使うには手続きが要ります!

それが引越し前の「電気の使用停止手続き」引越し先での「電気の使用開始手続き」になります。

hikkoshi20.jpg

各電力会社では引越しの際の電話での申し込みの場合「電気ご使用の廃止」には以下の事を伝えて下さいとあります。

九州電力の場合

  • おところ
  • おなまえ
  • お客さま番号
  • 電話番号
  • お引越し予定日時
  • 電気料金の精算方法
  • お引越し先

【参照】

中国電力の場合

  • ご契約番号(「電気ご使用量のお知らせ」などに記載してあります)
  • 電気を廃止されるご住所,お名前,お電話番号
  • 電気使用廃止の予定日時
  • 電気料金のご精算方法
  • お引っ越し先のご住所

四国電力の場合

  • お申し込みには、電気のお客さま番号が必要となります(電気のご使用廃止をお申し込みのお客さまは「電気ご使用量のお知らせ」をお手元にご用意ください。 )

関西電力の場合

  • お近くの関西電力の営業所まで「お客さま番号」を記載した用紙をご準備(「電気ご使用量のお知らせ」や「振込用紙」などに記載)してご連絡ください。

北陸電力の場合

  • お申込みの際には、「北陸電力からのお知らせ」(検針票)などに記載してあります「お客さま番号」をご用意ください。

中部電力の場合

  • 「電気ご使用量のお知らせ」、「電気料金領収証(口座振替払用・クレジットカード払用)」などを用意して、記載しております中部電力のの担当営業所にお電話してください。

東京電力の場合

  • ご住所
  • ご契約者のお名前
  • お客さま番号(「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」や「領収証」に表示してあります)
  • お引越し日時
  • お引越し先
  • お支払い方法

東北電力の場合

  • 東北電力コールセンターでもお申込みを受付け
  • お客さま番号(「電気ご使用量のお知らせ」「領収証」等を準備)
  • おなまえ ・おところ
  • お引越し予定日
  • お引越し先

北海道電力の場合

  • 電話でのお申し込みは「ほくでん契約センター 0120-12-6565」へ
  • 現在のご住所 (マンション・アパート名・部屋番号まで)
  • お名前
  • お客さま番号 「電気ご使用量のお知らせ」や「電気料金請求書」などに記載されております。
  • お引越し日
  • お引越し先住所
  • 連絡先電話番号

各電力会社の電話での「電気の使用停止」の申し込みは以上のようにホームページ等で案内されていますが、「電気ご使用量のお知らせ」等に記載されている「お客さま番号」があれば、引越し予定日を伝えて手続きは出来るようになっています。

実は、各電力会社ともインターネット上でも「電気の使用停止」の申し込みが出来ますし、FAXでも受け付けている所も多いです。

そして、「サービス員が伺い、最終分のご使用量をメーターより確認」して清算となります。

前回の検針日から引越しまでの使用量により料金は日割計算となります。

引越しまでの電気料金のお支払い方法についてですが、東京電力の場合は以下のようになっています。

「お引越し当日のご精算が必要な場合には東京電力の係員がお伺いし最終使用分の電気料金を申し受けます。なお、お客さまの出発時間が早まるなどの事情により電気料金を直接申し受けることができなかった場合は、従来の請求方法により精算させていただきます。」

つまり、引越しの当日に現金で清算しますが、出来ない場合はそれまでの方法(講座振替等)ということですね。

関西電力など他の電力会社の場合は、そのような記述は見つかりませんでしたが、関西電力の場合は、日割りでの口座振替で清算していました。


では電気の使用開始やその申し込みはどのようにするかですが、

【電気の使用開始】

電気の使用は分電盤のブレーカーを「まずアンペアブレーカーのつまみを【入】にする」「漏電遮断器のつまみを【入】にする」「配線用遮断器のつまみを【入】にする」で電気の使用が出来るようになります。※東京電力の場合

配電盤の分電盤のブレーカーのスイッチは電力会社により異なりアンペアブレーカーと漏電遮断器を「入」にするだけの場合もあります。

なお、操作しても電気がつかないときは、各電力会会社へお電話ください。係員がお伺いしますとの事です。

※なお、各電力会社では「エコキュート」や「電気温水器」などがある場合は、通電作業のため原則お立ち会いをお願いしているとの事ですので、あらかじめ電力会社へ連絡してください。


【備え付けの申し込みハガキでの申し込みの場合】

さて、「電気の使用開始の申し込み」ですが、もちろん電話で申し込むことも出来ますが、配電盤やブレーカー近辺に「電気使用開始手続書」とか「電気のご使用開始申込書(ハガキ)」といった申し込みハガキが備え付けられているので、それに「ご契約者のお名前」「ご使用開始日」などを書き入れてポストに投函してください、その申込書の内容をもとに契約になります。

「電気使用開始手続書」「電気のご使用開始申込書(ハガキ)」といった申し込みハガキがない場合には電力会社まで連絡してください。

もちろん、インターネットや電力会社によってはFAXでもお申し込みできます。

なお、お引越し前に電話やインターネットやFAXで申し込み済の場合は、「電気使用開始手続書」「電気のご使用開始申込書(ハガキ)」といった申し込みハガキの投函は不要です。(すでに申し込みが済んでいます)


【電話での申し込みの場合】

各電力会社では引越しの際の電話での申し込みの場合「電気ご使用の廃止」には以下の事を伝えて下さいとあります。

  • 電気を使用されるご住所,お名前,お電話番号
  • 電気使用開始の予定日時
  • 今後の電気料金お支払い方法

なお、東京電力や九州電力ではモバイルサイトでも「電気の使用停止」「電気の使用開始」のお申し込みが可能です。

長くなりましたが、インターネットでの申し込みや詳しく知りたい場合は以下各電力会社のホームページよりどうぞ。