引越し手続き-運転免許証の登録住所変更(記載事項変更)-

引越し手続き-運転免許証の登録住所変更(記載事項変更)-

自動車の運転免許証は身分証明書としても使う事が多いので、引越したらなるべく早く記載事項変更手続によって住所の変更をしましょう。

最近は何かと「本人確認」が必要な手続きがありますが、そんな時に一番信用があって、最も有効な身分証明書として利用されるのが「自動車運転免許証」です。

住所・氏名とかのデータだけでなく「顔写真」も付いているんですから当然でしょうか。

ですから、役場に転入届・転居届を提出したら同時に住民票も交付してもらい、なるべく早く運転免許証の登録住所変更(記載事項変更)手続きに行きましょう。

では、自動車の運転免許証の登録住所変更(記載事項変更)手続きはどこで出来るかや必要な物をご紹介します。

運転免許証の登録住所変更(記載事項変更)

自動車運転免許証の記載事項変更(住所変更)に必要な物

  • 免許証
  • 運転免許証記載事項変更届(申請用紙は試験場、警察署にあります。)
  • 新住所を確認できる書類 1通
    住民票の写し(コピーは不可)、新住所の健康保険証、身分証明書、新住所に届いた消印付郵便物等、新住所が確認できる公共料金の領収証

なお、「住民票の写し」でマンション等の部屋番号が記載されていないという事はあまりありませんが、もし部屋番号が記載されていない場合は、部屋番号が記載された本人の健康保険証又は本人宛の消印のある郵便物等が必要との事です。

ちなみに手数料は無料です。


自動車運転免許証の記載事項変更(住所変更)手続きの場所

基本的には警察署・運転免許試験場・運転免許更新センターですが、警察署の場合は基本的に住所地を管轄する警察署です。

基本的にというのは、やむおえない場合は管轄住所地以外でも手続きが出来るとなっている場合(例:世田谷警察署)や、県によっては管轄のというようになっていない場合もあるからです。

なお、青森県の場合は、交番及び駐在所でも毎日(勤務員がいる時)手続きが出来ます。

また、神奈川県の場合、住所地を管轄する警察署が横浜水上警察署の方は加賀町警察署で手続をする事になっています。

大阪でも大阪水上警察署では手続きが行えませんが、水無瀬交番・藤井寺駅前交番では手続きが出来ます。

また、県によって休日を除く月曜日から金曜日の昼間にしか手続きが出来ない場合、運転免許試験場で日曜日に手続きが行える場合、毎日手続きが行える場合などそれぞれですので、お近くの警察や交番にお問い合わせください。

どうしても平日は時間が取れない場合は、日曜日に試験場等で手続きが出来るというのは嬉しいですね。

日曜日に自動車運転免許証の記載事項変更(住所変更)手続きが出来る運転免許試験場

出来れば、、役場に転入届・転居届を提出したら同時に住民票も交付してもらい、その足で警察署に行って運転免許証の登録住所変更(記載事項変更)手続きを行うのがおすすめですね。


【この記事のURL】http://xn--28jh6czf9a7860dv77c.net/procedure/hikkosi-33.html

【提携】ズバット引越し比較の引越しの一括見積もりフォーム!!

ズバットなら50%最大割引


【提携】アート引越センターの公式サイトでの引越し見積もりは↓

f9745390a6ec.gif