引越し手続き-子供の転校手続き(小学校・中学校)-

引越し手続き-子供の転校手続き(小学校・中学校)-

家族で引越しする場合、そう小学生・中学生の子供が居る場合は「転校」をする事になります。

引越して住所が変わっても学区内で通学できる範囲なら転校の必要はありませんが(もちろん公立と私立の場合は多少違ってきますが)、通学できない所に引っ越した場合は転校する事になります。

幼稚園・高校・大学などとは違い、義務教育である小学校・中学校の場合の子供の転校手続きについてご紹介します。

転校手続きですが、各地域によっても多少の違いがありますので、例として実際に引越しの為に小学校のお子さんの転校手続きをされた方の体験談と共にご紹介します。

まずは実際に新住所が決まり、引越す前に小学校のお子さんの転校手続きをされた方の体験談をご紹介します。

子供の転校手続き

子供の小学校の手続きの行動と流れ

転勤による引越し先の新住所が決まったので、子供の小学校の手続きに入らなければいけませんという事で、順にどのような事をしたのかをご紹介して行きます。

  1. 現在通っている小学校の担任に連絡
  2. 現在通っている小学校から転出届の用紙をもらう
  3. 転出届の用紙に新住所等の記入をして転出予定日を記載して提出
  4. 区役所に新住所を知らせ学区の確認
  5. 新学区の小学校に転入予定の連絡の電話を入れる
    ※役所の方から小学校の転入先の担当は副校長先生と聞き、副校長先生あてに電話
  6. 教育委員会に電話
    ※転入先の担当である副校長先生の指示で教育委員会に電話

以上のような流れで転校手続きを終えられたとの事です。

また、その後は

  1. 転出前の学校の最終登校日に教科書の証明書と在学証明書を頂く
  2. 転入し役所や近くの出張所に住民票の手続きに行く
  3. 転入の手続きの際入学通知を頂く
  4. 転入日近くになったら、一度何日で転入するという旨を小学校に伝えておく

といったような流れで転校手続きを行うとの事です。

上記の例では、公立の小学校から公立の小学校への転校でしたが、中学校でも同じような流れで転校手続きは行われます。

もちろん、多少の流れは違う場合がありますので、「まずは現在通っている学校へ問い合わせる」から転校の手続きを準備して下さい

また、私立の学校への転校の場合は、転入試験などもある場合がありますので、事前に転校予定の学区へもお問い合わせ下さい。

参考に東京都の板橋区と大阪府の大阪市での例をご紹介します。


東京都の小学校・中学校学校への転校手続き(板橋区)

東京都の例として板橋区の例をご紹介しますが、北区等でも同じ内容です。

ただ、保護者が学校を選択したいという意思を尊重し、「特色ある学校づくり」や「開かれた学校づくり」を通じて学校の活性化を図るために学校選択制を実施しているということで、通学区域内だけではなく、通学区域外の学校も希望できるようです。

通学区域の学校に転校を希望する場合

教育委員会に特別な手続きは必要ありません。

  1. (区役所にて)転入手続きをする際に、以前通学していた学校から交付された「在学証明書」と「教科書給与証明書」を提示し、窓口で「転入学通知書」を受け取ってください。
  2. これらの書類を通学区域の学校へ提出してください。
  3. その後、学校へ行く前に、必ず事前に学校に連絡をしてください。

通学区域の学校以外を希望する場合

通学区域外の学校を選択する場合には、教育委員会で手続きを行う必要があります。

以前通学していた学校から交付された「在学証明書」と「教科書給与証明書」を持参して手続きを行ってください。

  • 受入れ可能な範囲内で、希望する学校に通学することができます。
  • 小学校は通学区域校に隣接する学校のみ
  • 受入れ数に関する問合せは、教育委員会学務課学事係までお問合せください。
 

上記は東京都の板橋区の例ですが、北区などを始め東京都教育委員会では多くが同じようになっているようです。

【参考】板橋区へ転入される方の転校手続き
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002917.html


大阪市の小学校・中学校への転校手続き

大阪府の例として大阪市の例をご紹介します。

大阪市では学校選択制を実施していませんので、転入先の学区内の学校に転校になりますが、平成14年度以降順次学校選択制を導入後は、通学区域内だけではなく通学区域外の学校も希望できるようです。

転出の場合

  1. 住民登録地の区役所窓口サービス課(住民登録)で住民登録の転出手続をする。
    ※大阪市内で転居される方は、転出手続の必要がありません。
  2. 現在通っている学校へ転退学することを届け出る。
  3. 学校で在学証明書、日本スポーツ振興センター共済加入証明書、転退学児童・生徒教科用図書給与証明書などを受け取る。

転入の場合

  1. 転入地の区役所窓口サービス課(住民登録)で住民登録の転入手続をする。
  2. 区役所窓口サービス課(住民登録)で在学証明書等を示して、就学通知書を受け取る。
    ※後日、就学通知書が郵便で送付される場合もあります。
  3. 転入する学校へ就学通知書と前の学校で受け取った在学証明書、日本スポーツ振興センター共済加入証明書、転退学児童・生徒教科用図書給与証明書などを届ける。

【参考】大阪市市民の方へ「小・中学校の転校」
http://www.city.osaka.lg.jp/kyoiku/page/0000010127.html

上記の大阪市の例では、「住民登録の転出手続」の後に「学校で転退学することを届け出る」となっていますが、まずは現在通っている学校へ転校予定であることを伝えた方が良いようです。


子供の学校の転校は、お子さんにとっては一大事な出来事です!

転校の時期などよく考えて下さればと思います。


【この記事のURL】http://xn--28jh6czf9a7860dv77c.net/procedure/hikkosi-37.html

【提携】ズバット引越し比較の引越しの一括見積もりフォーム!!

ズバットなら50%最大割引


【提携】アート引越センターの公式サイトでの引越し見積もりは↓

f9745390a6ec.gif