引越し手続き-賃貸住宅の場合の賃貸借契約の解約手続き-

引越し手続き-賃貸住宅の場合の賃貸借契約の解約手続き-

賃貸のアパートやマンションから引越す時に一番大切な事の一つが『計画的な賃貸借契約の解約手続き』です。

賃貸のアパートやマンションに引越して来た時には「賃貸借契約書」を交わして入居していますが、その中に「賃貸借契約の解約」の項目が記載されていますので、引越しが決まったら、まずは「どこに・いつまでに連絡するのか」を確認します。

そしてなぜこの『計画的な賃貸借契約の解約手続き』が重要かというと、引越しが決まったらこの解約手続きによって家賃や敷金・保証金といった事にも関係してくるからです。

引越し前の掃除と手続き

現在は賃貸のアパートやマンション等の賃貸借契約期間は基本的に2年になっていて、2年毎に更新というのが一般的です。

ちょうどこの2年間の賃貸借契約期間の満了(満了日)を機に引越しをするという場合は、「賃貸借契約書」に基づいた手続きをして引越しをすればそれでOKなのですが、引越しというのはそういう場合ばかりとは限りません。

引越しのタイミングで家賃の支払いが変わってくる

2年間の契約期間の途中で転勤や環境を変える為に引越しをする場合というのも多いのですが、その場合ももちろん「賃貸借契約書」に基づいた手続きをして引越しを行いますが、月の途中が引越し日の場合に引越す月の家賃の支払いがどうなるかなどしっかりと確認しておきましょう。

住んでないのに家賃を支払うなんて事はなるべく無いようにしたいですからね。

敷金・保証金の返還をしてもらうための原状回復費用の確認

じつは引越す時のネックというか心配ごとというとこの「敷金・保証金の返還」が挙げられます。

賃貸のアパートやマンションに入居する時には敷金を納めている場合がほとんどです。

入居時の賃貸契約書の中には退去時の敷金の返金割合や返金額が記入されている場合もありますが、それでも満額または記載されている返金額が全て返ってくるとは限りません。

引越す前に部屋の状態を「退去前の確認」として「賃貸借契約書」に基づき管理人やオーナーにしてもらいそこで返金額が決まる事もあります。

【敷金とは】賃貸のアパートやマンションに入居する時に、家賃が滞納されたときなど家賃が支払われない時のために部屋の借主が貸主に対してあらかじめ「預けておく」お金の事。
また、通常使用以上での消耗が発生している場合の原状回復に必要な費用に備えてあらかじめ「預けておく」お金の事。

退去時には契約書にそって返還されますが、どこまでを「原状回復に必要な費用」として引かれるかでトラブルが起こる場合もありますので、退去日にしっかりと確認して、出来れば部屋の様子の写真など撮って置くと良いですね。

もちろん管理人やオーナーも部屋が綺麗に掃除されているのと掃除されていないのとでは印象がかなり違いますし、特に「キッチン周りの油汚れ」や「ガスコンロと置き場の油汚れ」「換気扇の油汚れ」「風呂の水垢、カビ」「トイレの汚れ」「洗面台の水垢、カビ」などきちんと掃除してあれば、多少くたびれていても通常使用での損耗とみてくれて返金額が減らないと事もあるそうですから掃除はしておきましょう。

賃貸住宅の場合の賃貸借契約の解約手続きのポイント

引越しが決まったら、まずは「どこに・いつまでに連絡するのか」を「賃貸借契約書」で確認

「賃貸借契約書」の退去時の契約内容の確認

「賃貸借契約書」に基づく引っ越しの為の退去の連絡

引越し予定日の確認

引越す前に部屋の状態の「退去前の確認」


ここまでが引越し前までの手続きですが、その後の流れは以下のようになります。

「原状回復費用の確認」と「敷金・保証金の返還」

「原状回復費用の確認」については「退去前の確認」の時のに行われる場合もありますが、原状回復費用の見積もりが後日(数日から一月以内)送られてくるので、見積もり内容を確認して納得したら返送します。

この時、原状回復費用の負担等で気になることがある場合には、「退去前の確認」の時のに相談しておきましょう

参考:国土交通省「「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」について」


【この記事のURL】http://xn--28jh6czf9a7860dv77c.net/procedure/hikkosi-54.html

【提携】ズバット引越し比較の引越しの一括見積もりフォーム!!

ズバットなら50%最大割引


【提携】アート引越センターの公式サイトでの引越し見積もりは↓

f9745390a6ec.gif